excitemusic

歌う公認会計士の徒然日記
by cpa_takeuchi
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
玄人より素人の方は断然エ..
by 素人娘 at 18:31
kemzltwilfzm..
by Yahoo Scanner at 11:55
先日はご来場感謝です。昨..
by cpa_takeuchi at 09:19
昨日はお会いできてうれし..
by 栃木屋香阪堂 at 11:10
ご来場感謝です。いつまで..
by cpa_takeuchi at 23:04
たいへんお疲れさまでした..
by YM at 13:20
頑張りますです。有り難う..
by cpa_takeuchi at 21:52
すてきな歌、聴かせていた..
by Y at 19:49
演奏会にお出で頂き大変有..
by ブログ主人 at 07:48
素晴らしい演奏をきかせて..
by 松本 at 00:09
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「100年に一度の危機」と企業経営

 アメリカ発の金融危機が言われて久しいが、最近の報道では一時期の危機を脱して回復基調にあるとの内容が多く聞こえるようになってきた。果たしてそうだろうか?
 経済の先行指標ともいわれるバルチック係数をみてみる。

 貿易の指数であるバルチック係数も昨2008年5月をピークの100とすると2008年12月には6ないし7程度になり、半年ぐらいで一気に93ぐらい数値を落とし、2009年の6月には40位まで回復しましたが8月までに再び20位まで下がってきてしまいました。

 事の真偽はなかなかこの時期でも判定は難しいところだろうが「100年に一度の危機」という表現はただ事ではなかったが、、、。

 いずれにしても先行き不透明な経済状況にあって企業経営上は、常にシナリオを2から3つは用意しておくことが必要ではないかと思われます。
 例えば、
 シナリオ1:景気は現状維持が続く
 シナリオ2:景気は後退するが不況という程度
 シナリオ3;景気は底割れして大不況となる

 とくに困難なシナリオ3の場合にもしっかり自社の機能存続を守り通せる方策を探ることが重要な経営者としての仕事になってゆくでしょう。
[PR]
by cpa_takeuchi | 2009-09-12 18:33 | 会社経営のこと

故郷にて

 今週は八ヶ岳山麓で行われた2泊3日の研修に出てきた。
 小生は出版研修委員会の幹事を務めている関係で今回も研修会の司会進行などのお役目があった。
 八ヶ岳に初めて行ったのは高校時代だと思うが、八ヶ岳もいいが、八ヶ岳から見た富士山も中々良いものだ。と、地元の人間ながら再確認した次第。

 さて、これから年末まで目が離せない日本および世界経済状況ではあるが、お客様のお役に立てるよう一生懸命知恵を絞りたいと改めてこの時期に思いを新たにしました。
[PR]
by cpa_takeuchi | 2009-09-05 22:20 | ビジネス