excitemusic

歌う公認会計士の徒然日記
by cpa_takeuchi
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

明日から11月

 今月は仕事やら演奏会やらでなにかと忙しく充実しておりました。10月8日には大切な演奏会(OBM2005)を終え、一昨日(10月29日)は若くして亡くなった先輩の3回忌演奏会にオンステし、昨日(10月30日)は後輩のE君の結婚式二次会にてまた歌いました。まさに歌三昧の10月でした。
 明日から11月。11月6日(日)には佐原稲門会10周年記念式典に稲門グリークラブとして参加します。また歌います。
 12月は17日(土)に伊勢丹の吉祥寺店でOBMメンバーでクリスマスソングを歌う予定になっております。12月はこの他に来年のOB六連の稽古も始まります。
 仕事の方も年末調整や確定申告準備等でいよいよ繁忙期に入ってきました。なんだかワクワクしてきます。
[PR]
by cpa_takeuchi | 2005-10-31 15:11 | 歌のこと

ホーム・カミング・デー

 私の出身大学では毎年創立記念日にホーム・カミング・デーということで、卒業生を呼んでくれます。この日は大学の教室も開放してくれて懐かしの仲間と待ち合わせたりすることが出来ます。呼ばれるのは卒業25年目、35年目、45年目、50年目、55年目の卒業生達。大学から案内状が来ます。それこそ北は北海道、南は九州・沖縄まで全国からこの日集結します。
 大学の方でも自動車があたる抽選会やお酒の利き酒、記念グッズの販売やら大隈講堂での音楽祭などの企画を用意して歓迎してくれます。この音楽祭には我々稲門グリークラブもトップバッターで出演します。出番は23日(日)の12時頃、場所は早稲田大隈講堂です。
 我々グリークラブのOB会もホーム・カミング・デーの前日、「順グリ会」と称して卒業25年目のOBを幹事学年として上下3学年ずつ合計7学年が一同に会したパーティーを開いています。大体60〜70人のおじさん達が久しぶりの再会を楽しみつつ学年別に歌ったりします。
 私はといえば今年からOB会の幹事長になりましたので、22日は仕事終了後お祝い金を持って駆けつけることになっています。この中から来年のOB六連にたくさんのメンバーがオンステしてくれると嬉しいな。
[PR]
by cpa_takeuchi | 2005-10-22 00:19 | 歌のこと

久しぶりの混声

 10月29日にお世話になった先輩の三回忌の追悼演奏会に出させて頂きます。土曜日に練習にでました。混声合唱の稽古は本当に久しぶり。強力なソプラノに押されながら、内声パートのテノールを歌ってきました。男声合唱それもトップテノール専門の当方としては、内声パートを歌うこと自体が久しぶり。普段気がつかないことを気づかされることになりました。
 女声は大人になると益々しっかりパワー・アップしてくるのに、男声は仕事に追われて過ごしているせいかホント非力に聞こえるから不思議です。
 やっぱり女声の方が元気なのかなぁ。定年後のパワーの差が気になります。頑張りましょう男声(男性)。
[PR]
by cpa_takeuchi | 2005-10-16 23:51 | 歌のこと

OBメンバーズ2005演奏会

 お陰様にて10月8日の早稲田大学グリークラブOBメンバーズの演奏会、たくさんのお客様にお出で頂き成功裡に終えることが出来ました。
 私のお招きした方々からもご好評頂いたようです。私自身も全ステージにオンステさせて頂き、4つほどあったソロの部分もなんとか無難にこなせました。
 ご来場頂きましたお客様この場を借りまして御礼申し上げます。ありがとうございました。
 
[PR]
by cpa_takeuchi | 2005-10-09 21:59 | 歌のこと

サラリーマンの業種

 会社員(サラリーマン)の方に「貴方の業種はなんですか?」と尋ねてみました。「うちは製造業です。」「うちは卸売業です。」「小売業です。」「サービス業ですよ。」って、皆さん自分の会社の業種を仰います。
 それじゃぁ、質問を変えて「あなたのお客様はどなたですか?」とお聴きすると、「いろんなお客様がいらっしゃいますよ〜〜ぉ。」とか、仰います。

 でも、お客様って自分にお金払ってくれる人のことを言うんですよね。だったらサラリーマンのお客様は給料払ってくれる人「社長」しかいないんじゃないでしょうか。で、サラリーマンは全員「サービス業」だと思うんですよ。会社で何かスゴイもの作っていても、それを社長に納品してお金貰う訳じゃないですから。だから会社は製造業ですけど、サラリーマンの自分自身はサービス業なんだと思っていた方が間違いが少ないと思います。
 売上代金は会社に入金しますので、会社としてのお客様は納品先や消費者ですが、サラリーマンとしてのお客様は「社長」です。
 自分の提供するサービスは社長にうまく届いていますか?
 大切なお客様への対応出来ていますか?
 サラリーマンはサービス業と思い定め、「体感ビジネス」に徹しましょう。
 
[PR]
by cpa_takeuchi | 2005-10-05 12:06 | 会社経営のこと

サービス業は「体感ビジネス」

 会計事務所の仕事は良くサービス業といわれます。同じサービス業に分類されているものに、鍼灸・マッサージ、理髪、美容等があります。
 会計事務所と鍼灸・マッサージ、理髪・美容と同じサービス業でも比べると明らかな違いがあります。すなわち後者のグループは皆お客様に「気持ち良かったぁ」とか「軽くなった」とか「きれいになったぁ」とか、「さっぱりしたぁ」とか提供するサービスが「体感」出来るのです。よく考えるとサービス業はこの「体感」して頂くのが大原則のビジネス「体感ビジネス」でした。
 ということは、会計事務所もサービス業である限り、何かを「体感」して頂かなくては、ビジネスとして成立しないのではないかなぁ。それも、鍼灸・マッサージ、理髪・美容等直接お客様に施療して「体感」して頂けるお仕事は腕が良ければその良さを直接「体感」して頂けるので「職人」で十分伝えることが出来る仕事ですけれど、会計事務所の仕事は相手に直接ふれないで「体感」して頂かなくてはいけないのです。つまり、腕がよい「職人」と言うことだけでは不充分なのです。なんとかお客様に伝えて行かなくてはいけないので、惚れ込んだ商品をお客様に分かり易くご説明する「商人」としての気構えが必要だと考えます。
 我々の商品は経営者・経営幹部の方とお話しさせて頂く中で、しっかりと何かをお伝えすることです。具体的には、経営数値をハッキリ・クッキリ掴んで頂き明日の業績向上にお役立て頂く情報をお伝えすることです。我々との経営数値に関する会話の中からハッとすることが見つかれば、それが「体感」です。
 10月14日に当事務所のセミナーを企画しております。このセミナーでは経営者・経営幹部の方々に自社の経営数値をこれまでにないほどしっかり「体感」して掴んで頂けるよう企画しております。現状の問題点、今後打つべき手だてが見事に判るよう企画しております。スケジュールがとれましたら是非、おいで下さいませ。
[PR]
by cpa_takeuchi | 2005-10-03 22:12